BARLIFE - バーのある人生。

バーライフはバー、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒などお酒にまつわる情報をまとめてお出しします。

顔が赤い!ウイスキー、ワインなどお酒を飲んで顔が赤くなる理由とその原因

ようこそ、バーライフへ。

本日は、ウイスキー、ワイン、ビールなどのお酒を飲むと顔が赤くなってしまう理由を ご紹介します。

顔が赤くなる原因

結論から述べますと、

アセトアルデヒドによる作用

が顔が赤くなる原因です。

アセトアルデヒドというのは、酒に含まれるアルコールが代謝されて生じる物質です。
これが原因で顔が赤くなります。

ではなぜ赤くなる人と、全く赤くならない人の個人差があるのでしょうか?

個人差は分解能力の差

それは人によってアセトアルデヒドの分解能力が異なるからです。
分解能力が低いと、アセトアルデヒドが血液中に増えて(血中濃度の上昇)、
顔が赤くなるということです。
分解能力は、もともとアセトアルデヒドを分解する酵素をどれほど持っているかによって決まります。
そのため、酵素を持たない人は分解できずお酒が飲めないということになります。

顔が赤くなる人は高血圧リスクが高い

顔が赤くなる人は高血圧リスクが高いといわれているため、
過度な飲酒は控えたほうがよいでしょう。

TANITA アルコールセンサー スリム ブラック HC-213S-BK
タニタ(TANITA) (2010-04-01)
売り上げランキング: 415