BARLIFE - バーのある人生。

バーライフはバー、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒などお酒にまつわる情報をまとめてお出しします。

今さら聞けない!?世界5大ウイスキーの特徴まとめ

BARLIFEへ、ようこそ。

本日は世界5大ウイスキーの特徴についてまとめてご紹介いたします。

f:id:HIROPPY:20150426093637j:plain

アイリッシュウイスキー

アイルランドで生産される穀物が原料のウイスキー。
伝統的な製法で、大麦麦芽と発芽させていない大麦を主体とするピュアポットスチルウイスキー。

特徴

香りは薄く、軽やかな風味で、滑らかなのが特徴です。 そのため初心者に飲みやすいウイスキーといえます。

スコッチウイスキー

イギリスのスコットランド発祥のウイスキーです。 ブレンデッドウイスキーが定番で、香り立つモルトと力強いグレーンをブレンドしているものが一般的。

特徴

ピートに由来するスモーキーフレーバーの豊かさが特徴。

カナディアンウイスキー

カナダで生産されるウイスキー。
かつてはone day whiskyとも呼ばれたが、品質を上げ、生産量も大きなウイスキーです。

特徴

ライ麦のコクと軽い味わいが特徴。
シェリー樽の香りと上品さもあるウイスキー。

アメリカンウイスキー

アメリカ合衆国のウイスキー。
バーボンウイスキーとジャックダニエルに代表されるテネシーウイスキーが有名。

特徴

多の地域とは異なる点が多く、癖の強い味わいが特徴。 バニラ的な強い香りに加えて、 寒暖差が激しく、オークの新樽によるフレーバーも合わさり個性的な味わいとなります。

ジャパニーズウイスキー

言わずもがなな日本生まれのウイスキー。 スコッチウイスキーを手本にして作られた歴史があります。

特徴

ウイスキーのブレンド方法が特殊。
日本人の好みに合わせて、スモーキーフレーバーを抑え、 樽の素材にミズナラを使用しているため、ココナッツのような風味から芳醇で上品な香りがあります。