BARLIFE - バーのある人生。

「人生に、遊びを。」バーライフはバー、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒などお酒にまつわる情報、そして旅やキャンプ、モノといったライフスタイル情報をまとめてお出しします。

各種リキュールの賞味期限と保管方法

いらっしゃいませ、バーライフ(BARLIFE)へようこそ。

今夜は、カルーア、ミドリや桜リキュールといった 「各種リキュールの賞味期限と保管方法」
についてご紹介いたします。

f:id:HIROPPY:20160224215823j:plain

リキュールに賞味期限はない

ウイスキーなど、何十年もののボトルがあるように、アルコール飲料のリキュールも賞味期限は基本的に明確ではないです。
リキュールで使用している材料や、アルコール量によっても変わります。

基本的に度数が高いほど保存が効きますが、開栓後は時間が経つに連れて風味などが落ちてしまうため、なるべく早く飲むことをオススメいたします。

基本的な保存方法

保管方法は、ウイスキーなどと同様に次の5原則に則ります。

  1. 早く飲む
  2. 光・空気を遮る箱に入れる
  3. 直射日光が当たらず、涼しい冷暗所に保管する
  4. 密封性の高い小瓶に移し変える
  5. プライベート・プリザーブを使用する

www.barlife.info

リキュールの種類による差

リキュールは、未開封の状態で次の基本的な保管方法を実践していれば、数年後でも使用可能です。
しかしながら、フルーツ系やクリーム系のリキュールに関しては、アルコールの度数が低く原料の傷みが早いため、なるべき早期に飲んでしまってください。

常温ではなく、冷蔵庫での保管が必要なリキュール

下記のリキュールは、酸化しやすいリキュールのため、冷蔵庫での保管をオススメいたします。

  • ベリー系リキュール

  • クリーム系リキュール

  • 卵系リキュール

  • ワイン系リキュール

ワインセラー LW-S12 12本収納
ルフィエール
売り上げランキング: 60