BARLIFE - バーのある人生。

「人生に、遊びを。」バーライフはバー、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒などお酒にまつわる情報、そして旅やキャンプ、モノといったライフスタイル情報をまとめてお出しします。

【初心者向け】日本酒の保存方法の基本3原則

いらっしゃいませ、バーライフへようこそ。

今夜は、開封後も含めて、日本酒の保存・保管方法をご紹介いたします。

基本は下記のウイスキー記事と同様ですが、 空気・光・温度の管理が重要となります。

www.barlife.info

それでは一つずつ見ていきましょう。

基本の基本「開封後は早く飲む」

開封していなければ、生酒などは適切な保管をしていることで逆に美味しくなったりする場合もあります。
しかしながら、開封後はどうしても空気に触れてしまうため、早く飲むことがベストです。
といっても、それができたら苦労しないと思いますので、適切な保管方法をご紹介いたします。

原則1:光を遮る

日本酒はウイスキーなどの他のお酒と同様に、直射日光によって劣化してしまいます。
そのため、保管時は光を遮る必要があります。

光を遮る方法としては、冷暗所のようなところで保管するであったり、
冷蔵庫・ワインセラーでの保管、に入れての保管や、アルミホイルを巻きつけて保管という方法もあります。

東洋アルミエコープロダクツ アルミホイル クッキングホイル 30cm×25m ケース30本
東洋アルミエコープロダクツ
売り上げランキング: 523,459

原則2:空気を遮断する

光の次は空気です。
開封することによって、日本酒が空気に触れて酸化してしまいます。
そのため、空気に触れないように遮断する必要があります。

対策としては、空気を締め出せるストッパーで開栓部分を密閉する方法や、

VACUVIN バキュバン ストッパー2個付き V-20
VACUVIN (バキュバン)
売り上げランキング: 1,188

プライベート・プリザーブという、重いガスによって軽い空気がお酒に直接触れないようにする道具を使用するといった方法があります。

原則3:温度管理する

最後の温度管理が一番むずかしいかもしれません。
ワインセラーや冷蔵庫などで、5,6度以下で保存すると良いでしょう。

優れたツールに頼ろう

せっかくの高くて美味しい日本酒を、保管方法に気を使わないばかりにダメにしてしまうのは非常にもったいないですよね。
そうはいっても、飲んだ跡の酔った状態で、都度きちんと保管を行うことは大変です。
できるだけ面倒なことを避けて、手軽に美味しいお酒を保存するために、上記にあげたようなツールに頼りましょう。
高い日本酒を何本も守ることに比べたら、安い投資になりますので。