読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BARLIFE - バーのある人生。

バーライフはバー、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒などお酒にまつわる情報をまとめてお出しします。

桃の節句(ひな祭り)には甘酒を。白酒より手軽で安心。

いらっしゃいませ、バーライフへようこそ。

今夜は桃の節句(ひな祭り)におすすめな甘酒についてご紹介いたします。
一般的に白酒といわれていますが、お子さんも飲むことができる甘酒がおすすめです。

f:id:HIROPPY:20170108193053j:plain

ひな祭りには甘酒

一般的に、ひな祭りには白酒(しろざけ)といわれています。
白酒はもち米から造られたお酒ですが、アルコール度数が10%近くもある立派な酒です。
そのため、お子さんがいらっしゃる場合には間違えて飲ませてしまう可能性もありますので注意が必要です。
また白酒は市販で手に入れづらいため、気軽に用意ができないものです。

そこで、白酒に似ていて、かつアルコール度数1%未満のソフトドリンクとしてお子さんでも飲める「甘酒」が便利で簡単です。
市販でもよく売られており、気軽に用意できることと、甘くて美味しく栄養価抜群なため、お子さんにも安心して飲ませることができます。

白酒から甘酒へ

もともと、桃の節句として、桃花酒というものが飲まれていました。
しかしながら、江戸時代に白酒が流行ったことで、白酒が飲まれるようになったそうです。
そのため、白酒を飲む理由として文化的にそこまで意味があるものではないようです。

甘酒と白酒は違いますが、見た目は同じです。 また、甘酒は既に述べたように栄養価が高いため、子どもの成長を願うという意味づけが可能です。
白酒と甘酒も米の種類が違いますが「お米」が原料なため、その意味合いも似ています。

時代に合った形で文化は変わっていくものですので、現代としては、
「ひな祭りには甘酒」
という文化になっていく流れのように思います。

おすすめの甘酒

おすすめの甘酒については下記記事で詳しく述べています。
www.barlife.info

楽しいひな祭りを過ごしていただけましたら幸いです。