BARLIFE - バーのある人生。

バーライフはバー、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒などお酒にまつわる情報をまとめてお出しします。

梅酒の保存方法基本3原則。賞味期限はないが長期保存時に気をつけたいポイント。

いらっしゃいませ、バーライフへようこそ。

今夜は、「梅酒の保存方法」についてご紹介いたします。
梅酒には賞味期限がないといわれますが、容器にカビが生えることもあり、直射日光に当て続けてしまったらダメになりますので、長期保管時に気をつけたいポイントを解説いたします。

f:id:HIROPPY:20170107172105j:plain

基本は直射日光にあてない

梅酒の保管方法は基本的に以下のことを意識するとよいです。

  • 直射日光(紫外線)を当てないようにする

  • 空気に触れないようにする

  • 適度な温度環境を維持する

直射日光に当ててしまうと、化学反応が起こりやすくなって酒質が変わってしまいます。
また、空気に触れさせてしまうと参加します。
さらに、温度が高すぎると、酒質が変化しやすくなってしまいます。

保存方法の基本3原則

それでは、保管方法の3原則をご紹介いたします。

冷暗所に保管

直射日光が当たらない涼しい場所に保存するようにしましょう。
冷暗所といっても、普通のご家庭ではそんな場所ないという形になるかもしれませんが、コンロや流し台の下の収納スペースなどで十分です。
スペース的に足りないという場合は、押入れの中などに入れてもよいでしょう。

ワインセラーのようなものに入れておくのもおすすめです。

ワインセラー LW-S12 12本収納
ルフィエール
売り上げランキング: 31

密封性の高い瓶に入れておく

空気を通すようなプラスチック製の容器はまずやめましょう。
ガラス瓶などの空気を通さない素材で保存することが望ましいです。
また、密封性の高さも重要で、いくら空気を通さない素材でも、空気が抜ける場所があったら本末転倒です。
加えて、瓶の中にはできるだけ梅酒を詰めていれたほうがよいでしょう。
空気が入る空間があると、酸化しやすくなってしまいます。

Bormioli Rocco (ボルミオリ・ロッコ) スイング ボトル 1L 3.14720
Bormioli Rocco (ボルミオリ ロッコ)
売り上げランキング: 3,274

涼しい場所に保管

保管する際の温度にも気をつけてください。
15度程度が望ましいです。
こちらもワインセラーなどを使うと便利でおすすめです。