BARLIFE - バーのある人生。

「人生に、遊びを。」バーライフはバー、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒などお酒にまつわる情報、そして旅やキャンプ、モノといったライフスタイル情報をまとめてお出しします。

バーでもビットコイン決済の時代。仮想通貨によるバーの変化について。

いらっしゃいませ、BARLIFEへようこそ。

今夜はビットコイン投資で億万長者が出るなどニュースに事欠かない「仮想通貨」についてのバーとの関係性について考察していきます。

ビットコインを始めとした仮想通貨は、不正を防ぎ、容易に交換できるため、金(ゴールド)よりも価値があるといわれるほどに注目を集めています。
日本でも様々な企業が取り扱いを始めており、世界共通通貨としての地位を確立しつつある現状です。
もちろんバーにおいてもその流れは起きつつあり、実際にビットコイン決済を導入するバーも出始めています。

本日はそんなビットコインに代表される仮想通貨とバーとの関係性について見ていきます。

f:id:HIROPPY:20171105160434j:plain

バーでもビットコイン決済が導入される時代

ビットコイン決済を導入しているバーとして注目を集める六本木にあるハッカーたちが集まるバー「Hakers Bar」のように、バーなどの飲食店でも続々とビットコインが使われ始めています。

hackers.bar

ビットコインの利便性は、物質的な制約がなく取引できて、世界共通に使えるということです。
まだまだ使える店舗は限られていますが、インターネットの拡大と同様に、どんどんその用途も広がっていくことでしょう。
いち早くビットコイン決済を導入することで、顧客誘引などのマーケティング効果が期待できるとともに、入手したビットコインの値上がり益も狙えることでしょう。

バーでのビットコイン決済は広がるか?

ビットコインといった仮想通貨の広がりは止められない流れのように思います。
インターネットについても黎明期には様々な批判がありましたが、拡大を続け今ではなくてはならない社会インフラとなっています。
ビットコインも同様に拡大を続けることはほぼ間違いない未来ではないでしょうか。

そのように考えると、バーなどの飲食店でも導入する店舗は増え続けていくことでしょう。
もちろんリスクはありますが、先行者利益を生みやすい事象ですので、拡大は避けられないと考えています。

これからビットコインを始めたい方へ

ビットコイン決済をするには、ビットコインを持っていなくてはなりません。
投資目的で購入されるほど白熱しているビットコインですが、少量でも持っていくことをおすすめいたします。

ビットコインを購入するためには、仮想通貨取引所への口座開設が必要です。
おすすめの取引所はZaif Exchangeで、比較的安くビットコインを手に入れることが可能です。

ビットコイン決済を考える上でもご登録をおすすめいたします。