BARLIFE - バーのある人生。

バーライフはバー、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒などお酒にまつわる情報をまとめてお出しします。

初心者向けウイスキー保管方法の基本5原則

今夜もBARLIFE(バーライフ)へようこそ。

今夜はウイスキー初心者の方に向けて、ウイスキーを保管する方法をご紹介したいと思います。

保管方法は基本的には、

  • 空気に触れさせない
  • 紫外線を当てない
  • 適度な温度を維持する

ことです。
そのための一般的方法を5原則としてまとめてみました。

f:id:HIROPPY:20150208133419j:plain

原則1:早く飲む

当たり前のことですが、ウイスキーの保管方法として完璧なものなどありません。
時間に比例して、様々な面で香り・味が変質する可能性が高まります。
そのため、さっさと飲んでしまう、というのが一番の保管方法です。

原則2:光・空気を遮る「箱」に入れておく

手軽にできる方法として、箱に入れておくという手段があります。
箱というのは、買ったときにウイスキーが入っていた箱でも良いです。
それだけでも紫外線を防いでくれる効果があります。
より完璧を目指すのであれば、アルミホイルなどを巻きつけて覆い、遮光してしまうという手もあります。

クッキングホイル 30cm×50mC
ヘルス&ビューティー
売り上げランキング: 9,821

原則3:直射日光が当たらず涼しい場所に保管する

ウイスキーに限らず、お酒を保管する時は、直射日光を避け、涼しい場所で保管するのが基本です。
15度程度のワインセラーで保管するのがベストですが、冷蔵庫は冷えすぎて室温との温度変化が激しいため避けたほうが良いといえます。

ワインセラー LW-S12 12本収納
ルフィエール
売り上げランキング: 63

原則4:密封性の高い小瓶に移し変える

ウイスキーが余った分は、密封性の高い小瓶に移すのも一つの手です。
これはビンの中の空気を少なくすることで空気との接触を少なくする効果があります。

『ボルミオリ・ロッコ』 スイング ボトル 1L ≪ ドレッシングボトル ≫ 3.14720
Bormioli Rocco (ボルミオリ ロッコ)
売り上げランキング: 2,645

原則5:プライベート・プリザーブを使用する

プライベート・プリザーブとは、ワインを保存する際に使用されるガスのことです。
保存する際にビンにガスを吹き込み栓をすることによって、ガスの層により空気がワインと接触しないようにすることができます。
これをウイスキーにも使用することで、簡単に保存効果を上げることができます。

以上、初心者の方でも実践しやすい、ウイスキー保存術基本5原則を紹介いたしました。
ご参考になれば、幸いです。